相続のポイント 相続相談 財産の相続 弁護士に依頼 相続の流れ お問い合わせ

相続財産として扱われるものとは

ある人の死亡に伴って発生するのが相続の問題です。
相続財産として扱われるものとそうでないものとがあるため、この点で十分な知識を得ておくことが必要でしょう。
まず借地権や借家権といった権利がありますが、これは相続の対象となる大事な財産です。
しかし、公営住宅に住んでいたような場合、基本的にはその使用権を継承することはないと言われています。また死亡した人が事業を行なっていた場合、それらの事業を継承できるかどうかという点は大変気になる問題です。一般には、死亡した人が所有していた株式を継承することはできますが、会社そのものを相続することはできません。
会社の不動産も債券や債務も全て会社名義のままということになります。
しかし、個人事業として個人で営業していた場合はやや異なります。
その場合、事業に関わる全ての財産が相続の対象となります。
その中には、土地や建物といった不動産、工場の機械や設備、さらには在庫の商品などの全てが含まれます。

財産の相続をする際に必要なこと

財産を相続するという場面になって、必要なことが2点あります。
まずは、相続されるべき財産はどの程度あるのかということです。
土地であったり、金銭であったり、どの程度の金額が存在しているのかをはっきりとさせておく必要があります。
あと、生前に贈与などがあったのかも確認を怠らずにしておきましょう。
それがないと、後々ドラマに見るような泥沼のトラブルを巻き起こす原因となります。
次に、相続人が誰になるのかをはっきりさせておきます。
誰が該当するのかというのは、遺言書があればそれに従えば良いですが、ない場合は、民法に記載されている内容に従っておくと良いでしょう。
この際に、欠格事由に該当している人がいれば、その人は相続を行えないため、その点には十分に注意しておきましょう。
もしも、これらのことに気を付けていても、順調に相続が進まない場合には、弁護士などの法律の専門家にアドバイスを貰った上で、財産の整理を行うと良いでしょう。

Valuable information

外壁塗装 目黒区

2018/3/30 更新