相続のポイント 相続相談 財産の相続 弁護士に依頼 相続の流れ お問い合わせ

相続問題は誰に相談するべきか

相続問題を専門家に相談したいと思う場合、一体誰に問題を持って行ったらよいかわからないという人も少なくないでしょう。
時々目にする広告には、複数の専門家が手を組んで問題に当たるという内容のものがあります。
しかし複数の専門家が関わればそれだけ費用もかさみます。
そこでこれら専門家の特徴や得意とする分野を把握しておくことは助けになります。
まず相続と言えば、真っ先に思い浮かぶのが相続税でしょう。
この場合に申告を行なうことができるのは税理士だけであると言われています。
また相続問題で調停や審判などが必要になった場合に、代理人となって問題の解決に当たることができるのは弁護士です。
しかし弁護士を依頼すると費用が比較的高めになるため、費用を抑えたい場合は別の専門家に相談できるかもしれません。
さらに司法書士は、不動産の名義変更、つまり相続登記を行なうことができます。
不動産が関係している場合には、初めから司法書士に相談することもできるでしょう。

相続に関連した相談先となる専門家

相続というのはこまごまとした法律上の手続きをともなうことになりますので、法律にくわしい専門家に相談するのがもっとも賢明な選択ということができます。
しかし、具体的にどのような分野の手続きで困っているのかといった内容によって、相続問題の相談先は異なってきます。
たとえば、亡くなった人が多額の遺産を残したために相続税を支払う必要がありそうだという場合には、税理士にまず相談をして、手続きのいっさいを依頼すれば、税額の計算や税金の申告書の作成と提出といったことを、本人の代理人として行ってもらうことができます。
また、親族同士で遺産分割をめぐるトラブルが発生しているという場合には、弁護士に依頼をして、家庭裁判所での調停や審判などの申立ての手続きの代理をしてもらうということになります。
さらに、親族同士で遺産分割について異論がなく、単に不動産の名義変更などの手続きをしたいというのであれば、司法書士に依頼をして、法務局への書類作成と提出などを行ってもらうのがよいといえます。

recommend

最終更新日:2016/1/28