相続のポイント 相続相談 財産の相続 弁護士に依頼 相続の流れ お問い合わせ

相続にともなう遺産分割の流れ

被相続人が亡くなると、法律上は相続がただちに開始されることとなり、その遺産はいったんは相続人である家族や親族の共有名義というかたちになります。
しかし、共有のままでは自由に使用したり処分したりすることが難しくなりますので、通常は家族や親族が集まって遺産分割協議を行うというのが、基本的な流れとなります。
その準備として、まずは家族や親族のなかで相続人としての資格をもつ人を戸籍謄本などの記載から確定するとともに、現金や預貯金、不動産などのほか、借金のような負債までも含めた遺産の範囲を確定するという作業が必要になります。
その後は相続人を集めて、遺産をどのように分割するかを協議し、協議がととのえば、その証拠として遺産分割協議書を作成する流れです。
この遺産分割協議書には、署名した人の実印の押印が求められるほか、不動産の所有権移転登記などの場合には、協議書のほかにも、印鑑登録証明書や住民票、戸籍謄本などの書類の添付も求められますので、あらかじめ協議書作成の段階で取得しておくとよいでしょう。

相続関係の流れで大事なポイント

相続の手続きを行うのは結構大変な仕事です。
通常は、誰が相続人かを確認することがスタートラインです。
ここが複雑であれば、司法書士とか弁護士とかに相談しておかなければなりません。
というのも、相続遺産に関しては、関係する相続人全員が署名する遺産分割協議書を作成しないと、事が始まらないからです。
それほど複雑でない場合は、銀行やJAなどで担当の係員に相談すれば、戸籍謄本などを取り寄せ、然るべきアドバイスをもらえますので、こちらを利用するのもいいでしょう。
こうして、遺産相続の流れが始まりますが、そこで大事なポイントは、法律的なことではありませんが、親戚の中で最も長老的で影響力のある人に、あらかじめ相談しておくことです。
特段の相談事項がなくても、一連の流れの前に、いわゆる仁義をきっておくことです。
親戚や故人の兄弟が多い場合などは、財産処分の範疇でなくても、形見の品とか、思い出のものとか、の関係で、後からややこしい問題が発生することがあります。
そうしたことも含めて、およその考えを長老的な人に相談しアドバイスをもらっておけば、トラブル防止になるし、仮に発生しても収めてもらえるからです。

Last update:2016/1/28