相続のポイント 相続相談 財産の相続 弁護士に依頼 相続の流れ お問い合わせ

遺産を相続するとは

相続というのは、亡くなった人の財産、すなわち遺産を家族や親族などの残された人たちが受け継ぐことをいいます。
しかし、単に受け継ぐというだけでは具体性がないため、民法と呼ばれる法律のなかでは、亡くなった人と関係の深い家族や親族などの一定範囲の人々を法定相続人として、遺産を受け継ぐ資格のある人として定めるとともに、その割合についてもあわせて定めています。
この場合の遺産というのは、現金、銀行預金、土地、建物、自動車、貴金属、株券などといった、プラスの価値をもつものはもちろんですが、実際には借金、連帯保証の債務、未納になっている税金などの、マイナスの価値をもつものまでも含まれることになっています。
そのため、あまりにもマイナスの価値をもつもののほうが多い場合には、そのまま受け継いではたいへんなことになってしまいますので、相続放棄として、法律上まったく遺産にかかわる権利義務を受け継がないという選択をすることも可能となっています。
ただし、実際に権利義務を放棄するには、一定期間内に家庭裁判所へ申立てをすることが必要になりますので、なにも手続きをしなければ、法律上はマイナスを含めてそのまま遺産を受け継いだという取扱いになってしまいます。

相続の流れについて

人が亡くなると、相続が始まります。
その際は、まず遺言書があるかどうかを確認します。
それによって、進め方が変わってくるからです。
以下は、遺言書がない場合の流れです。
まず、亡くなった人の戸籍を取ります。
誰が相続人となるのかを特定するためです。
特定できたら、亡くなった人がどれだけ財産を持っているかを調査します。
財産には、現預金や不動産などプラスの物だけでなく、借金などマイナスの物も含まれます。
これらが判明すれば、「遺産分割協議」を行います。
亡くなった人が残した財産をどう分けるのかということについて、話し合います。
すべての相続人が集まって行うのがベストなのですが、離れた地域に住んでいたり、ケガや病気などのため外出するのが困難だという場合は、電話などで参加することも認められています。
分割の仕方が決まったら、「遺産分割協議書」に内容を記します。
その後、実際に財産を分けるため、預金や不動産の名義を変更する手続きをとります。
預金なら、金融機関で口座の名義を変更します。
不動産なら、法務局で登記簿の内容を変更します。
遺言書がない場合の流れは以上となりますが、遺言書がある場合は、その内容に沿う形で進めていくことになります。

Favorite

法人向けのクラウドストレージサービスです。

クラウドストレージ 法人

安心ペット火葬料金7000円~ ペット、ご家族無料送迎~合同、お預かり個別、立会い個別火葬、24時間営業対応

ペット火葬 草加市 

2018/12/5 更新